グリーンフラスコ 門間充衣子の広報日記


by mint-mon
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

英国ハーブ医学ゼミナール

d0111155_1153560.jpgシルバーウィーク初日の19日(土)、英国メディカルハーバリストのベン・フェアライト・エドワーズ氏をお招きし、「英国ハーブ医学ゼミナール」を開催しました。

一年振りにお会いしたベンさん。
昨年と変わらない優しい笑顔で、ベンさんと接するだけで、心身の不調も治ってしまいそうです。




今回の講座のテーマは“ローズ”。
セラピストがクライアントにハーブを選ぶ時に大切なこと、それは、ポジティブな考え方、そして無条件の愛。
その象徴である“ローズ”がテーマとして選ばれました。
ベンさんは、日々そのような気持ちでクライアントさんに接しているのですね。

プログラム1では、ハーブのもつ7つの特性(回復の過程における保護・安定・リラックス・刺激・浄化・栄養・治癒)について、それぞれの段階で有効なハーブを取り上げ、テイスティングしながら学んでいきました。

プログラム2では、ベンさんのクリニックでの治療について、具体的な処方例を示しながらお話しされました。ベンさんの処方では、身体を温めることを目的にジンジャーを少量加えることが多いようです。

その他、英国のハーブ医学に関する教育、セラピストのための保険制度や各種団体についてなど英国の事情についてお話しされ、椰子葉も加わって日本の現状や今後の可能性など、国内の話題についても取り上げられました。

ベンさんへのインタビューも行いましたので、近々“突撃インタビュー”にアップします。
どうぞお楽しみに!
*昨年のインタビューはこちら
[PR]
by mint-mon | 2009-09-21 11:06